■ アラン・カミングス氏による『今井和雄トリオ:BLOOD』評。2009.1.6

Imai Kazuo Trio
Bleed

Doubtmusic CD+DVD
In the 21st century, what potential remains in pre-existing melodies and the jazz trio form? Can either express anything more than saccharine nostalgia and a confident certainty, blind to the realities of the postmodern world? Such doubts were the starting point for this project by Japan’s most interesting post-Bailey guitar thinker, Kazuo Imai, in which he explores melodies by Annette Peacock, Georges Brassens, Lee Konitz and several others.
Judging that the tonal and rhythmic predictability of the jazz trio format is its biggest drawback, he recruited Manabu Suzuki on homemade electronics and Atsuhiro Ito on optron, a fluorescent tube miked up and played like a guitar. The key element of both instruments is their extreme sonic instability. Ito tends to produce brutal, vibrating bursts of low or high frequencies, while Suzuki’s sounds are more finely etched trails of bleep static. Against these unpredictable currents, Imai uses a variety of perfectly judged guitar tonalities to convey the central melodies- beautifully rounded sustain on Bach’s “Sarabande” or clipped, metallic runs reminiscent of his mentor Masayuki Takayanagi on Thelonious Monk’s “Well You Needn’t”. Imai indicates in his liner notes that he decided to use these melodies as a means to throw into relief the “anxiety and deceptions” of the world, and contrast is the major musical approach too.
The accompanying DVD was recorded during the same sessions, but it’s no throwaway bonus. In a dimly lit studio, random flickers from Ito’s optron illuminate the breadth of extended techniques, as Imai is shown in frenzied lunges up and down his fretboard, and Suzuki delicately waves hands and what looks like a pin-pong bat over his theremin and air synths.
While some doubts linger about how productive this methodology may be in the long term, for now, it’s a shocking and essential listen.
Alan Cummings


 この21世紀において既存のメロディやジャズトリオの形式の中にある可能性とは?そのうちのいずれかがポストモダンにある現実に向き合わずに、甘ったるいノスタルジアや計画的に作られたものよりも何かを表現できるというのか?これが日本の最も興味深いポスト・ベイリー的思考家と云われる今井和雄がアネット・ピーコックや、ジョルジュ・ブラッサンス、リー・コニッツ等のメロディを模索し、それらダウト(懸念)に答えるべく始めたプロジェクトだ。
 いわゆる最大の欠点である、ジャズトリオ形式においての調性やリズムの予測可能性をとらえ直すべく、彼は自作エレクトロニクスの鈴木學、そして蛍光灯を増幅しギターのように演奏するオプトロンの伊東篤宏を起用した。彼らの楽器の重要性はその極端ともいえる音の不安定さである。伊東は低高周波数を残酷なまでに鳴り響かせ、さらに鈴木の音は見事にピーピーいう雑音の痕跡に刻み込まれる。それらの予測不可能な電流に対し、今井は完璧な程、計算されたギターの調性を駆使し、素晴らしく洗練されたバッハの「サラバンド」、そして彼の師である高柳昌行を彷彿させる歯切れの良いメタリックな流れで セロニアス・モンクの「Well You Needn’t」などの核のメロディを伝達する。今井はライナーノーツにおいてこれらのメロディを世の中においての「不安と欺瞞」を浮き彫りにするために使用した、と書き、その対比は主要な音楽的アプローチでもある。
 付随されたDVDは同じセッションから抜粋されたものだが、これは単なるボーナス版ではない。暗いスタジオ内で、伊東のオプトロンがランダムに点滅し、今井の狂ったようにギターのネックを行き来する様や鈴木がテルミンやエアーシンセにピンポンラケットのようなものと素手をかざしている様などの広範なテクニックを映し出す。
 この方法論が、長い目で見た時にどれだけ建設的であるかはダウト(疑問)だが、今のところは衝撃的かつ聞いてほしい演奏である。

アラン・カミングス(訳:ヒグチケイコ)



CGI-design