■ アクシス Vol.1 レビュー(スイングジャーナル 1976年1月号)2006.8.19

・・・・この中でいちばん出来のよいのは冒頭の<II>である。・・・B面の22分6秒に及ぶカオスでは、演奏している人たちは凄いスリルがあって面白いらしいのだが、聴く方はやたらくたびれてしまう。<III>にしても<IV>にしても、ナマで聴くと印象は大いにちがってくると思うが、レコードだけできく限りただやたらに長く、まったく面白くない。・・・・ナマで聴いた人にはその熱演ぶりをまのあたりに見ているだけでもけっこう感銘を与えたのだろう。レコードで聴く印象はまるでちがう。やかましくて長いだけなのである。(油井正一/抜粋)

(注)本来こういった否定的なレビューは掲載するつもりはない(私のレーベルのウェブサイトですから・笑)のですが、本質を逸脱する理解の好例として敢えて掲載いたしました。(沼田)



CGI-design