■ Downtown Music Gallery, NYCのナンバジャズ『鉄炮』評。2008.11.9

"Featuring Yamamoto Seiichi on guitar & harmonica and Yoshigaki Yasuhiro on drums & percussion and recorded live at three gigs at the Shinjuku Pit-Inn in Tokyo and Shin-Bi in Kyoto. Yamamoto was an original member of the Boredoms and has recorded a number of fine solo discs since leaving with two on Tzadik. Yoshigaki used to play in Altered States and was the drummer for Soup with Bill Laswell & Otomo Yoshihide. This is a particularly strong and diverse duo and this disc is a well-recorded duo offering. Although it often sounds as if it was improvised on the spot, both musicians work well together and play through various styles and genres. Jazz, rock, surf, noise, Beefheartian spastic rhythmic schemes, yet always tight and focused.. On each piece they appear to deal with different structures or jams.Although much of this intense and occasionally over-the-top, there is just enough melodic or more restrained sections to keep the balance right. Yamamoto pulls off a most blistering guitar solo on "To My Disbelief" that is almost too much, but since it is just under 10 minutes, it is not too long but just about the right length. Nice to hear some sublime acoustic guitar and somber drums on "So True" and quick yet restrained jazz-like guitar on "Somersault". There are a great deal on unexpected twists and turns and changes in directions, but most of all everything seems to work on some level no matter where they sail or soar." - BLG

ギターとハーモニカの山本精一とドラムスとパーカッションの芳垣安洋がフィーチュアされた、3度のライブ(東京・新宿ピット・インと京都 Shin-bi)からの録音。山本精一はボアダムズのオリジナル・メンバーであり、二枚のツァディックのソロ・アルバム以降も多くのカッコいいソロ・アルバムを録音して来た。芳垣安洋はアルタード・ステイツでプレイしており、ビル・ラズウェルと大友良英との『スープ』のドラマーでもあった。これは特に強力で多様なデュオであり、このディスクには上手くいったデュオが収録されている。あたかもその場で即興されたかのように聴こえるが、二人とも実に上手くいっており、多種のスタイルとジャンルを通り抜けてプレイしている。ジャズ、ロック、サーフ、ノイズ、ビーフハート的な痙攣するリズム体制、しかし常に緊張感もあり集中力もある...。彼らは各々の曲で違った構造とジャム・セッションを取り扱うようである。この強烈さ満点感と、時おり過剰にすらなるのだが、それでも十分にメロディックであったりより控えめな部分があったりするのでちょうどいいバランスになっている。山本精一が最も痛烈なギターを弾く「豈図らんや」はトゥー・マッチになる寸前、ちょうど10分にさしかかる前で終わる。これは長過ぎず、ちょうどいい案配の時間である。幾分荘厳なアコギと仄暗いドラムスの「宜なるかな」と、機敏だが抑制の効いたジャズ・ライクなギターの「逆蜻蛉」も嬉しい。演奏進行内に予期せぬ急変と展開と変化がたくさんあるが、彼らがどこへ航行しどこへ飛んで行こうが全ての演奏はある一定レベルに達しているように思える。(ブルース・リー・ギャランター/Downtown Music Gallery店主)