■ Downtown Music Gallery, NYCの今井和雄トリオ『Blood』評。2008.11.9

KAZUO IMAI TRIO - Blood [2 CD set] (Doubt 124/125; Japan) The trio of Imai Kazuo - guitar / Ito Atsuhiro - optron / Suzuki Manabu - electronics ; have created a unique blend of compelling improv that is thought provoking and dare I say "rocking" with raw nervous energy the way early downtown NY music sounded to me when I first heard it. When I put on this disc, a big smile emerged on my face and tarantism crept over me from the very first sound to the very last. "Blood" keeps the energy high, physical, and flowing; even with the moments of space for more subdued solos. The DVD half of this release is beautifully document of the making of "Blood", which displays a spectacular world of reminiscent of a bioluminescence creature, let us say an electric eel; since the optron is like the musical equivalent. For those who don't already know, the optron is a very unique instrument created by Ito (previously heard on recordings with Otomo Yoshihide) which is basically a flourescent light played like a guitar. This thing is dynamically brutal and visually awe-inspiring (epilectics beware) that creates an frantic electro-shock therapy sound. Imai's cv boasts collaborations with Taj Mahal Travellers, Takayanagi Masayuki's New Direction, as well as playing with Lee Konitz Irene Schweizer, and Arthur Doyle; with his vast experience you hear open direction in his guitar playing. Suzuki carves his own niche with his handmade electronics of his own creation rounding this trio off with a perfect blend of uniqueness. HIGHLY RECOMMENDED!! -Chuck Bettis/dmg

今井和雄(g)、伊東篤宏(optron)、鈴木學(electronics)からなるトリオである。このトリオは人を惹きつける即興のユニークな融合を作り出しており、なかなか考えさせられる。あえて言うならそれは、私が初めて聴いた初期ニューヨークのダウンタウンの音楽の方法ーー粗雑で神経質なエナジーを持ち合わせた「震え」である。CDをプレーヤーにかけた時、とにかくまさに最初から最後までとても嬉しくなり、舞踏病にとり付かれたようになった。『ブラッド』にはハイで荒っぽいエナジーで満たされ続けているーーより控えめなソロのスペースの瞬間においてすら、そうなのである。もう一枚の方のDVDは『ブラッド』が制作される時の美しいドキュメントであり、無熱光生命体 ー 電気ウナギのような ー を思わせる劇的な世界を映し出す。しかもオプトロンは音楽と等価である。まだ知らないという人たちのために書くが、オプトロンは伊東篤宏(大友良英との録音で聴くことが出来る)が考案した非常にユニークな楽器であり、基本的には蛍光灯の光をギターのごとく演奏するものである。これはダイナミックで野蛮で、ヴィジュアル的には荘厳であり(てんかんにご用心)、気の狂ったエレクトロ・ショック療法サウンドを作り出す。今井和雄の略歴はタージ・マハール旅行団や高柳昌行のニュー・ディレクションとの共演、同様にリー・コニッツ、イレーネ・シュヴァイツアー、アーサー・ドイルとの共演を誇りにするが、そういった膨大な経験から、彼のギター・プレイによる開かれた方向性が伺える。鈴木學は自ら考案した自作のエレクトロニクスで自らの位置を確保している。それは特殊な音の見事な混成でこのトリオを上手くまとめるのに一役買っているのである。超推薦盤!! (チャック・ベティス/ダウンタウン・ミュージック・ギャラリー)


CGI-design