■ Aquarius Records, SF のナンバジャズ『鉄炮』評。2008.11.10

NAMBAJAZZ The Gun (Doubt Music)
We just got a few new titles in from Japan's Doubtmusic label, which specializes in the outer margins of "jazz" and other avant garde sounds. This one is perhaps of particular interest to underground Japanese music freeks as it's a duo that features none other than guitarist Yamamoto Seiichi, of Boredoms, Omoide Hatoba, and Rovo fame, among many projects. His partner in crime is percussionist Yoshigaki Yasuhiro (from Ground Zero, Altered States, Rovo, ONJO, and others). These guys are old pros when it comes to making an awesome, interesting racket.
As you'd expect, it's a disc of somewhat splattery skronk - but quite listenable by skronk standards! There's a certain sort of catchy, chaotic logic to this duo's jittery, jumbled improvs, all performed live, the ten tracks here selected from several Nambajazz shows for this hour-long disc. Some subtle and moody, others utter stompers. Frantic this can be, but also foot-tappin'. Those looking for tangled, heavy-duty Takayanagi style blowouts need look no further than track 3 to get their ears peeled back. Amped-up guitar mayhem and octopoidal bashing in full effect! Elsewhere, the duo's music, led by Yamamoto's innovative and invigorating guitar playing (and "misc."), takes lots of other surprising twists and turns... ferinstance, track 9, "Ten-Kwaurou" ("An Air Corridor"), works in a bit more melody, even snatches of some classical pieces, in the midst of a satisfyingly shambolic, mathrock workout. Definitely one for any fan of Yamamoto's out-guitar stylings, as well as Zornophiles, Improvised Music From Japan subscribers, Boredoms nerds, etc... you know who you are....!

われわれは日本のダウトミュージックより数タイトルの新譜をゲットした。ダウトミュージックは「ジャズ」から外れた周縁とその他アヴァンギャルドに特化したレーベルである。この作品はボアダムス、想い出波止場、ROVOの名前、もしくはその他多くのプロジェクトの唯一無地のギタリスト、山本精一がフィーチュアされたデュオということで、特に日本のアンダーグラウンドの音楽ファンに特に興味深いものであろう。彼の共犯者はパーカッショニストの芳垣安洋(グラウンド・ゼロ、アルタード・ステイツ、ROVO、ONJO, などなど)である。この二人の男は、凄まじく、興味深い騒ぎを起こす時の古代劇場なのだ。
期待通り、これは幾分はね散らかす感じのヤヴァいCDであるが、しかし、このヤヴァさのスタンダードは聴いていて実に楽しい! この約一時間に及ぶCDは10曲入りで、全てはナンバジャズの何度かのライブからセレクトされたものだ。そこにはたしかに、ある種キャッチーで、このデュオの神経質で撹乱した即興へ至るカオティックな必然性がある。いくつかのトラックは静かで味があり、他は全く強力なトラックだ。狂喜して足を踏み鳴らしたくすらなる。錯綜した、緊張感のある高柳昌行スタイルの噴出を求める人は何をさておき3曲目をまず聴けと。耳をかっぽじって聴くが良い。アンプリファイされたギターによる破壊であり千手観音のような効果的なドラム連打である。このデュオの音楽は、山本精一の革新的・刺激的なギター・プレイ(「その他楽器」も)によって、驚くほどたくさんに曲がりくねってどこか他の場所に飛んでゆく...例えば9曲目の「天廻廊」("An Air Corridor")は、多くのメロディの破片が出てくる。クラシックの断片すら出てくる。むちゃくちゃさ加減満点の直球ど真ん中であり、マスロックの訓練だ。山本精一のアウトなギター・スタイルのファンはもちろん、ジョン・ゾーン好みの人、インプロヴァイズド・ミュージック・フロム・ジャパンの通販購入者、ボアダムズおたく、などなどのためのCDです...あなたはどれかに該当しますね...!