top NewRelease Catalogue shop Link Critique Diary

数量 :

大友良英 ニュー・ジャズ・オーケストラ/アウト・トゥ・ランチ
ONJO plays Eric Dolphy's Out To Lunch

ONJO第2弾はエリック・ドルフィー『アウト・トゥ・ランチ』の全曲カヴァー! 60年代ブルーノートの名盤が現代的解釈を施されて美しく、激しく蘇生する!

1. Hat And Beard (6:08)
2. Something Sweet, Something Tender (9:20)
3. Gazzelloni (4:17)
4. Out To Lunch (9:38)
5. Straight Up And Down 〜 Will Be Back (27:45)
作曲:全てエリック・ドルフィー("Will Be Back"のみONJO)
アレンジ:大友良英(Hat And Beardのテーマ・ホーン・アレンジ:江藤直子、Straight Up And Downのテーマ・ホーン・アレンジ:水谷浩章)
doubtmusic / dmf-108
2005年12月12日発売
税抜定価;\2,200
税込定価;\2,310
ディジパック仕様:穴あき
ライナーノーツ:殿山泰司(転載)、
大友良英、カヒミ・カリィ
(日本語及び英語)
発売;doubtmusic
配給:BRIDGE INC.
演奏:
大友良英 (guitar, conduct on 4)
アクセル・ドゥナー (trumpet, slide trumpet)
青木タイセイ (trombone, bamboo flute)
津上研太 (alto sax, soprano sax)
大蔵雅彦 (alto sax & tubes on 1, 3 & 5)
アルフレッド・ハルト (tenor sax, bass-clarinet, trumpet, misc)
マツ・グスタフソン (baritone sax)
石川高 (sho on 2, 4 & 5)
Sachiko M (sinewaves, contact mic)
中村としまる (no-imput mixing board on 5)
宇波拓 (computer on 1 & 5)
高良久美子 (vibraphone)、
コル・フラー (piano, inside piano)
水谷浩章 (bass)、
芳垣安洋 (drums, percussion, trumpet)

録音:近藤祥昭(GOK Sound) on 26th January 2005
ミックス:近藤祥昭(GOK Sound)on Aug 2005, 3のみ:近藤祥昭&大友良英 on Sept 2005
マスタリング:中村としまる
カバーデザイン:佐々木暁
写真:森山大道
プロデュース:大友良英&沼田順