top NewRelease Catalogue shop Link Critique Diary


数量 :

ジム・ソウター&キッド・ミリオンズ/ボアナージズ
Jim Sauter & Kid Millions / Boanerges

アメリカのノイズ・ユニット、ボルビトマグースのサックス奏者・ジム・ソウターと、ボアダムズの伝説的なイベント「77ボアドラム」のリーダードラマーの一人・キッド・ミリオンズのノイジーな即興集。エフェクターをかけたジムのサックスはまるでサックスらしい音を出さず、キッドの激しいドラミングがさらにそれを煽る! 音質はノイジーだがよく聴くと実に繊細な即興を展開していることが聴き取れるはず。貴方の耳と脳味噌を直撃する刺激的な一枚!

ボルビトマグースのジム・ソウターが77 ボア・ドラムのドラマー・キッド・ミリオンズと合体! ノイズと化したサキソフォンと兇悪なまでに激しいパーカッション! これがNYの最新ノイズ・ジャズ!(JOJO広重/非常階段)

サックス×2+ギターで通常は打楽器が入ってこないトリオ編成を基本としているボルビトマグースで暴威を恣にしている彼のサックスが、「スタミナ」というキーワードで語られるドラマーと出会えばどうなるのか聴いてみたいという関心そのものであったのだが、その答えが今まさにここにある。・・・このアルバム『ボアナージズ』に詰まっているのは、極上のサウンド以外の何物でもない。(T.美川/ライナーより抜粋)

微かなサックスのスラップ・バック・ ディレイ、サックスだよ! そう、これぞまさしくジム・ソウターなんだ。彼がドラムと演るのはすごく久しぶりに聴いたけど、サックスの音質や深みを全く変えずとも、彼のエフェクターは新しいリズムを感じさせ、キッド・ミリオンズのドラムが先へ先へと導き、空間性を全く別ものにしている。(ジム・オルーク/ライナーより抜粋)

doubtmusic / dmf-149
2013年4月15日発売
税抜定価:¥2,200
税込定価:¥2,310
digi pack/帯、ライナーブックレット(16p)付
ライナーノーツ:T.美川(インキャパシタンツ/非常階段)、ジム・オルーク
カバーコラージュ:五木田智央/カバーデザイン:鈴木聖
発売:doubtmusic
配給:BRIDGE INC.

1. For Luca Brasi (12:09)
2. Eclipse (8:22)
3. Rancho La Brea (7:31)
4. Palmyra (12:03)