top NewRelease Catalogue shop Link Critique Diary


数量 :

Mats Gustafsson + Otomo Yoshihide DUO / TIMING


いつでも俺は名前のない音楽が聴きたい。それはこういう音楽だ。(湯浅学/ライナーより)

居合術の如き“タイミング”がせめぎ合う最高のデュオ・インプロヴィゼイション! これが、今一番必要な音!!!

吉祥寺GOKサウンドで公開レコーディングされた強力なデュオ、二年後の2020年、やっとCD作品として日の目を見ることになりました! マッツの、音圧最強のバリトンと、フルートにリードを付けた自作楽器「フルートフォン」、そして近年力を入れているエレクトロニクスに、大友のターンテーブル、ギター、バンジョーがきわめて有機的に絡み合う名演! 大友のターンテーブルによる作品も実に久しぶりです。一発録り。エディット、オーバーダブ一切なし。タイトルに込められた「タイミング」(マッツの命名)は、まさにこの音楽を象徴するタイトルです。出来れば大きめのスピーカーで爆音で聴いていただきたい大胆かつ綿密な音楽!

演奏: マッツ・グスタフソン=バリトン・サックス、フルートフォン、ライブ・エレクトロニクス 大友良英=ターンテーブル、ギター、バンジョー

1. 429 ( bs + tt )
2. 709 ( elec + g )
3. 533 ( flutephone + banjo )
4. 516 ( bs, flutephone + tt )
5. 544 ( bs, elec + tt )
6. 531 ( flutephone + banjo )
7. 930 ( bs + elec + tt, g )
8. 511 (bs, flutephone + tt )
( bs = bariton sax, tt = turntable, elec = live-electronics, g = guitar )

doubtmusic / dmf-172
2020年12月5日発売
税抜定価:¥2,200
税込定価:¥2,420
紙ジャケ3面開き仕様/分厚い(16p)ブックレット封入
発売:doubtmusic
配給:BRIDGE INC.


※ 初回出荷分300枚(流通分)のみマッツ、大友、各々のソロトラックを収録したCDR付き(ダウトミュージック直販部は必ず付いてきます)。


数量 :

阿部薫/19770916@AYLER, SAPPORO


阿部薫の未発表音源発掘! 1977年晩夏、今はなき札幌のジャズ喫茶「アイラー」での完全ソロ・インプロヴィゼイション約30分。阿部の音はもはや既成の音楽概念では語ることができない音の連なり。静寂すら力強く感じさせる説得力を持っている。古い/新しいという音楽のトレンドを超越した普遍的な何かがここには、ある。阿部薫を聴いたことがない若い音楽ファンにも是非これを聴いてもらいたい。今まで気付かなかった音楽の「何か」を必ず感じ取れるはずだ。

阿部薫(alto saxophone)

track listing:
1. solo improvisation 19770916-1
2. solo improvisation 19770916-2
3. solo improvisation 19770916-3
4. solo improvisation 19770916-4

doubtmusic / dmh-171
2020年4月15日発売
税抜定価:¥2,200
税込定価:¥2,420
digi pack仕様/12pブックレット封入
発売:doubtmusic
配給:BRIDGE INC.


録音:1977年9月16日、札幌「アイラー」にてライブ録音。(音源提供:奈良真理子)
マスタリング:須藤力(モルグ舎)/カバー・デザイン:鈴木聖
ライナーノート:橋本孝之(.es、koto-mizukumi rober、サキソフォニスト)
ライナーノート英訳:キャッシー・フィッシュマン


数量 :

V.A./アジアン・ミーティング・レコーディングス #1

ここ数年で最大の盛り上がりを見せた「アジアン・ミーティング・フェスティバル」(※)のスタジオ録音盤、ついにCDとなって登場です! アジア各国より強者のミュージシャン/アーチストが東京に結集、dj sniffとユエン・チーワイのディレクションの元に最強の演奏を繰り広げたものよりセレクトし一枚のCDに編集した全世界注目の音源です!!!

(※)日本とアジアのミュージシャンをもっと交流させたいという思いから、大友良英が2005年に始めた「アジアン・ミーティング・フェスティバル」。2014年からは「アンサンブルズ・アジア」の一部門として、シンガポールのユエン・チーワイと香港在住の dj sniff がキュレーションに加わり開催。実験音楽・即興音楽・ノイズの分野におけるアジア有数のフェスティバルとして知られている。
ASIAN MUSIC NETWORK 公式WEBサイト

アルバム・ダイジェスト(こちらで全曲を試聴出来ます)
Asian Meeting Recordings #1 - Album Sample

doubtmusic / dmf-170
2017年9月23日発売
税抜定価:¥2,000
税込定価:¥2,160
digi pack仕様(ライナーノーツ封入)
発売:doubtmusic
配給:BRIDGE INC.

参加ミュージシャン/アーチスト(CD登場順):
イマン・ジムボット(バンドン)、ソン X(ハノイ)、大友良英(東京)、クリシュナ・ウディアタマ(ジョグジャカルタ)、グエン・ホン・ヤン(ホー・チ・ミン)、コク・シュー・ワイ(クアラ・ルンプール)、小埜涼子(名古屋)、渡辺愛(東京)、 佐藤公哉(東京)、dj sniff(香港&東京)、石原雄治(東京)、ユエン・チーワイ(シンガポール)、石川高(東京)、JOJO広重(東京)、ヨン・ヤンセン(クアラ・ルンプール)、村里杏(大牟田)、KΣITO(東京)、七尾旅人(東京)、スキップ・スキップ・バン・バン(台北)
ASIAN MUSIC NETWORK 紹介ページ

track listing:
1. イマン・ジムボット(Kecapi, Voice)、ソン X(Vietnamese Traditional Percussions)
2. 大友良英(Electric Guitar)、クリシュナ・ウディアタマ(Electronics)、グエン・ホン・ヤン (Electronics)
3. コク・シュー・ワイ(Voice)、小埜涼子(Saxophone)、渡辺愛(Electronics)
4. dj sniff(Turntable)、ソン X(Vietnamese Traditional Percussions)、佐藤公哉(Voice and Violin)、石原雄治(Percussions)
5. ユエン・チーワイ(Electrionics)、石川高(Sho)
6. JOJO広重(Electric Guitar)、ヨン・ヤンセン(Saxophone)、村里杏(Drums)
7. イマン・ジムボット(Kecapi, Voice, Kendang)、KΣITO(MPC pad)
8. 「同様珍貴」 七尾旅人(Voice, Guitar)、スキップ・スキップ・バン・バン(Voice, Keyboard)

録音日・場所:2017年2月24日、25日、26日、27日、3月11日、12日、13日 吉祥寺GOKサウンド
録音、ミックス、マスタリング:近藤祥昭(GOK サウンド
プロデューサー:dj sniff、ユエン・チーワイ
オーガナイザー:ジャパン・ファウンデイション・アジア・センター&P3 アート・アンド・エンヴァイランメント
カバーデザイン:ユエン・チーワイ
ライナーノーツ:dj sniff


数量 :

中村としまる+沼田順/ファースト・アルバム


ノー・インプット・ミキシング・ボードの中村としまると、ギター、発振機他の沼田順、ありそうでなかったデュオ・ライブよりワンセット(約30分)をまるまる収録。時間の流れを変化させようとする沼田に対し、中村は時間の流れを頑として変化させない。二人の、音の流れに対する姿勢はまるで逆のようにも感じる。そこがとても面白い。単なるインプロヴィゼイションの枠を超越した、「音そのもの」に対する二人の興味があからさまに表出した興味深い演奏。35分間、飽きずに聴いていられます!

中村としまる(no-input mixing board)
沼田順(guitar, oscilator, radio, etc.)

1. an improvisation for about 30 minutes (30:09)

doubtmusic / dmf-169
2017年6月10日発売
税抜定価:¥2,000
税込定価:¥2,160
digi pack仕様
発売:doubtmusic
配給:BRIDGE INC.


2017年3月10日/神保町・試聴室のライブより収録
録音、ミックス、マスタリング:中村としまる
カヴァー・デザイン:鈴木聖


数量 :

内橋和久&リチャード・スコット/オーサム・エンティティーズ


ギタリスト/ダクソフォン奏者の内橋和久とモジュラー・シンセサイザー奏者のリチャード・スコット、タイトル通りの、「驚くべき存在」としての即興デュオ! ゴリゴリの即興ながら、偶然性のもたらす綺麗な音の質感とかユーモラスなシークェンスはこの二人ならではのものでしょう。ノイジーで音圧高めな部分と静謐な部分のダイナミクスも一聴の価値有り。

内橋和久(guitar, effects, daxophone)
リチャード・スコット(analogue moduler synthesizer)

1. The Incarnation of Storms (09:30)
2. The Hedora Shuffle (03:31)
3. The Many Trials of Kenpachiro Satsuma (12:59)
4. Atom Kiss (07:01)
5. Lobster Crossing (01:15)
6. We are Insects and Dragons (10:37)
7. Those Poor Rainbows (07:03)
8. The Embrace of Unearthly Creatures (01:39)

doubtmusic / dmf-168
2016年12月15日発売
税抜定価:¥2,000
税込定価:¥2,160
digi pack仕様
発売:doubtmusic
配給:BRIDGE INC.


録音:リチャード・スコット at Sound Anatomy, Berlin on 14 August, 2015
ミックス/マスタリング:リチャード・スコット
カヴァー・デザイン:鈴木聖